So-net無料ブログ作成
site-title5.png

ネコジルシ猫の里親募集のページ

ソラ、荼毘に付しました [ソラ]

ご訪問ありがとうございます。はじめての方はこちらからご覧ください。

[黒ハート]スズのイノリ [黒ハート]シロちゃんから教えてもらったこと [黒ハート]しあわせな最期を

  スズ と 僕 と かーさん の願いです。



 
月曜日、かーさんがソラを荼毘に付してきました。
 
あんなに大きなカラダだったのに、お骨は普通の猫とかわらなかったそうです。
 
きぃちゃんと同じくらいですね。
 
20161024sora_kii01.jpg
 
 
今日は家の中がとても静かで、みんなソラが逝ってしまったことをわかって
 
いるみたいです。 ミケヨやイチやクーちゃんが、いつもより顔にスリスリして
 
くるのは、僕を元気づけてくれてるのかもしれません。
 
ソラはまだ6歳だったので、あと10年は一緒に暮らせると思っていました。
 
もっとアタマを撫でたり、ソラが喜ぶブラッシングをやってあげればよかったと
 
後悔しきりです。
 
   
 
 
  ボタン押しやすくしてみました! ぽちっと応援お願いします。
  ブログランキング・にほんブログ村へ  br_banner_himawari.gif  b_04.gif

nice!(3)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

nice! 3

コメント 12

コメントの受付は締め切りました
むく

そらちゃんまだ六歳だったんですね…

がんさん辛いですね…
涙でます。
かーさんも辛いでしょうね…

病院に猫を連れていくのが怖くなりました。
by むく (2016-10-25 06:45) 

むく

Shinoさんの書かれていたとおり、うちでは昔ながらの病院に連れていっていて、そこではカラーもつけないし、余計な治療はしません。
そこが休みの時だけ、新しくできた病院に連れていったのですが、治療が大げさというか、やりすぎというか。料金もすごい高いし。
今回そらちゃんの病院がどんなところかわかりませんが、治療に行って亡くなってしまうなんて恐ろしいと思いました。

がんさんはそこの病院を信頼してると思うので失礼だったらすいません。。
そらちゃんどうか安らかに…




by むく (2016-10-25 06:59) 

幸

原因は何だったのでしょうか、
全身麻酔ですか?
まだ若い方なので、原因が気になりますよね

老猫ならしかたない部分もありますが、
これだけ若いと病院へ連れて行ったことに
悔いが残りますね

適切な処置をされていたのか、

涙が溢れます
若いだけに
by (2016-10-25 11:48) 

ree

驚きました、、、
手術中、何かあったのでしょうか?

突然のことで残念です、、、
そらちゃんのご冥福をお祈りいたします。



by ree (2016-10-25 12:43) 

seri

ソラちゃん6才ですか・・・、まだまだこれからでしたね。
悲しいことが続き過ぎですね。
がんさん、かーさん、お身体気をつけてくださいね。
by seri (2016-10-25 19:48) 

めろん

がんさん、かーさん。
心中お察しいたします。

ソラちゃんが心配するので、後悔はしないでくださいね。
お二人の判断が いつだって最良なのですから。

これからも応援しています!
by めろん (2016-10-25 20:27) 

たんちゃんママ

がんさんとかーさんの悲しさを想うと、胸が張り裂けそうです。

ソラちゃんのご冥福をお祈りいたします
by たんちゃんママ (2016-10-26 01:57) 

sirubatoneko

ソラは風邪気味でした。大食感のあの子の食欲低下に気が付かなかった飼い主の責任です。よだれがあそこまでひどくなるまで、鼻水があおっぱなになっているのにも気が付いてあげられませんでした
猫たちの健康管理が十分にできないほどに頭数が増えすぎた結果です。
うちの子たちはいつも具合が悪くなりすぎてから連れてくるので
先生もいい迷惑だと思います。それでも本当によくしてくださいます。すべては飼い主の責任です。
by sirubatoneko (2016-10-26 15:54) 

しるばとねこ

だんながブログに書かないので私から報告します。うちはルナをはじめ、サンが白血病でした。隔離していたとはいえ時々ドアをすり抜けてしまうこともありました。後に保護したリクが白血病でした。はじめの感染症検査で陰性だったのにあまりの具合の悪さに再検査したところ陽性となっていました。その間の数年、ほかの猫ともかなり密接にすごしてきました。この時点でお分かりかと思いますが共に過ごした猫たちに感染している可能性がありました。先生とも相談して追従検査はこれだけの数を潜伏期間の1か月、1匹1匹隔離して再検査することは無理。このまま様子をみて、具合が悪くなった時点で検査をしてみようということになりました。
そしてのちに保護したミケヨ、きいが白血病でした。二匹とも保護した場所は別々ですが白血病が蔓延している地域であること、保護したときから具合が悪かったことを考えるとすでに感染していたのかもしれませんが、保護した直後の検査では陰性でした。キャリアとしてのちに陽性となったのか、共に暮らした間に移ってしまったのかわかりません。
わかることは うちの子たちすべてに感染のリスクがあるということ。
そして常に免疫機能が低下していること。。。
感染が容易にそして急に悪化してしまうリスクがあること・・・です。
私はこのとき、うちの子は数年以内に全滅するかもしれないな。。。そう覚悟しました。
ならば、短い命ならこの子たちには食べたいものを好きなだけと思って贅沢な食生活です。さらに、風邪をひかないように。。。と暖冷房温度に気を付け、ウイルスを除去する薬を部屋中に噴霧させ。。。と部屋の環境に気を付けてきました。そしてできるだけ早め早めに病院での治療をとご支援いただいた分は食事と病院代にあててきました。本当に贅沢なほどに。。。
うちの猫達の環境は劣悪です。これからも次から次と亡くなっていくことと思います。
多頭飼いというだけで劣悪でありこんな環境下で世話している飼い主の責任。
すべて自分たちが受け止めなければならないと思っています

by しるばとねこ (2016-10-28 08:39) 

しるばとねこ

あともう一つ。
だんなは平日は片道1時間半、往復3時間かけて東京まで仕事にいっています。朝7時にでて夜22時ごろ帰宅。たまに土曜日サービス出勤。年俸性なのでどんなに時間外で働いても給料は一緒(ここは余計だけど言いたかった)
そして土日のどちらかは某公園の見回り。その見回りで見つける具合の悪い子や新しく捨てられた猫たちのTNR.こんな状況の毎日に、更年期という体の異変でここ最近疲労が蓄積しているのか気が付いたら寝てます。二言目にはだるいねむいといいます。
猫たちの世話や健康管理はもちろん収支報告がまったくできていません。ご寄附のお礼のメールとブログの更新だけで精一杯のようです。時間をつくってきっと更新しますので今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします

by しるばとねこ (2016-10-28 09:01) 

そよ風

保護の仕方については賛否両論あるかと思います。ノラとして生きていくにも過酷な状況が多々ある事を考えれば感染症の心配はあれど一時でも飢えや暑さ寒さに耐える事なく過ごせ愛情を受け過ごせるのも幸せの一つではないかと私は思います。
かぁさんご報告ありがとうございます。
がんさん、ご無理なさらずに。ここに来られる人は皆さんご理解して下さってますよ^_^
by そよ風 (2016-10-29 21:53) 

sirubatoneko

ありがとうございます
チャケキチは、うちの子たちと接しないようにしています
うちの子になると長生きできないので里親募集しています
by sirubatoneko (2016-10-31 08:25)