So-net無料ブログ作成
検索選択

いっぱいありがとう [トラ]

ある冬の夜、犬のポロと茶々丸を連れて散歩していたら、道の真ん中にうずくまっている猫がいました。

「このままだと死んじゃうかな」・・・そのまま肩に乗せて家まで連れて帰ったのが、トラでした。

病院に連れて行ったらなんと推定15歳。大おばあちゃんでした。

あれから3年経ち、すっかり我が家の古株となったトラ。

最近ではオムツが欠かせなくなり、手を焼くことも多いのですが、僕やかーさんが

家に帰ってくると玄関まで出迎えてくれたり、寝るときには必ずかーさんと一緒に

寝たりと、我が家一の甘えん坊さんでした。

 

そんなトラも、ついさっき、虹の橋を渡ってしまいました。

 

かーさんは、トラの大好きな牛乳をもっと飲ませてあげればよかったと、ずっと泣いています。

僕も、もっとトラといたかったけど、もう18歳超えているし、延命治療はトラの苦痛に

しかならないと思って看取ることにしたのです。

 

トラ、いっぱいありがとう。

トラと暮らせて僕もかーさんも幸せでした。

生まれ変わったら、またウチに来てください。

そしていっぱい一緒にあそぼうね。


nice!(2)  コメント(9)