So-net無料ブログ作成
ネコジルシ猫の里親募集のページ

骨と、尻尾の毛だけ残った黒猫の [公園の猫たち]

動物救援隊 - 福島原発地域に残された命の活動 -
ご訪問ありがとうございます。はじめての方はこちらからご覧ください。 
[黒ハート]スズのイノリ [黒ハート]シロちゃんから教えてもらったこと [黒ハート]しあわせな最期を



 
だいぶ温かくなりましたね。 温かくなると蚊がでてきます。
 
さっそく金曜深夜の公園で、さんざん蚊に血を吸われました(痒)。
 
そして、外で暮らす猫たちにはつらい季節の始まりです。
  
 
 
公園猫のミズの耳に、蚊アレルギーの症状が出ていました。
  
20170505park08.jpg
 
  
病院で出してもらった、ビクタスクリームを塗りました。
 
蚊アレルギーに効くそうです。
  
20170505park10.jpg
  
 

過日公園で、人目のつかないところに黒猫のなきがらがあるのを見つけました。
 
既に骨しかなかったのですが、尻尾の毛だけは残っていて黒猫だとわかりました。
 
そこは雨風の入ってこない場所で、しかもコンクリガラの上なので、そのままでは
 
土に還ることもできません。
 

 
 
猫たちにゴハンをあげ終わってから、その場所へ腹ばいになって入り、黒猫の
 
なきがらを拾い集め、埋葬しました。
 
 
かーさんと一緒に合掌。
 
 
 
  
そういえば、三毛猫のハクちゃんが冷たくなっていたのと同じ場所でした。
 
 (ハクちゃんは荼毘に付して、骨はがん家にあります)
 
 
 
交通事故の心配がない公園で、ゴハンをくれる人がいるとしても、病気など
 
色々な危険がつきまといます。 やっぱり外で暮らすのは厳しいです。
 
保護するタイミングを見誤ってはいけません。
 
  
 
   
   ボタン押しやすくしてみました! ぽちっと応援お願いします。
  ブログランキング・にほんブログ村へ  br_banner_himawari.gif  b_04.gif


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
むく

埋葬していただきありがとうございました…。
これで土に帰れますね。

私も先日カラスにつつかれてていて保護したけど、亡くなってしまった猫の赤ちゃん、庭に埋葬し、かなりツラいGWとなりました。

公園でたった一人でごはんももらえず亡くなっていくなんて…。

私の行ってる公園でも、人に慣れてる子たちはごはんをもらってるのですが、
慣れてない子はほとんど会うこともできません。

なので最近は森のなかの日影にカリカリなど置いてきてます。(次の日見るとなくなってるけど、カラスかも?)
なんとかそういった子たちも幸せになってもらいたいです。





by むく (2017-05-07 07:08) 

むく

さっきの捕捉なんですが、置きえさは森のなかにだけさせていただいてます。

本当はそれもやめたほうがいいのかもしれないんですが…施設などに置きえさは絶対しません。

私の行ってる公園でもえさやりさんが職員に注意されていて、
ほとんどのえさやりさんがお皿など使わず、地面に直接ばらまいたりしてるんです。

そうすると施設が汚れたりカラスが来たりして、衛生上かなり良くないんですよね。

猫がおなかすいてなくてそのままだったり…
私も職員だったらそれには怒ると思います。

(私はお皿使ってます当たり前ですが…)
そんなこんなで今は職員に見つからないようにごはんをあげてる日々なんですが、何とかしたいです。






by むく (2017-05-07 08:51) 

がん

>むくさん
2011年に公園管理事務所と話し合いをしたことがあります。
ハードルは高いですが、猫の問題を一緒に解決しましょうと
巻き込んでしまう手もありますね。
http://mike-neko.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28
あたりです。

※この記事の続きは、間違えて上書きして消してしまいました。
(時間をかけて書いたのにガックリ)
by がん (2017-05-07 23:27) 

ねこやしき

ガンさん、かあさん、お金も時間も体力も、ご自身を費やして、いつも猫たちのお世話をしてくださり、本当にありがとうございます。
ガンさんがTNRしてくれたY公園の猫たちも、その後、私のエサ場に来るようになった子も十何匹かいて、これまで半分くらいは引き取れました。
大家族のウチで暮らすのは、向いていないだろうと思える子は、かえってストレスから短命にさせてしまうので、年を取るまではそのままです。
我が家に来るのが必ずしも幸せ、というのではありませんものね。
最近、そういうタイプの「牛くん」が、公園から我が家付近にテリトリーを変え、ついに“エサやりのおばちゃんち(私んち)”を発見。我が家の敷地でごはんを食べるようになりました。日に3、4回来ます。
「外暮らしがしんどくなったら、ここにきて『家猫になってやってもイイよ』と言っておくれ」と、顔を見るたび頼んでいます。
ガンさん、かあさん、季節の変わり目ですので、心身の健康に気をつけてお過ごしくださいね。感謝をこめて。
by ねこやしき (2017-05-08 14:07) 

ももなつ


がんさん、かーさん
ミズちゃんの治療と黒猫さんの埋葬ありがとうございました。
ほんとにお二人には感謝しかありません。

無理せず、お体には充分ご自愛くださいね。
by ももなつ (2017-05-08 15:41) 

むく

がんさんお返事ありがとうございます。

公園事務所とは別の方(獣医さん)が話をしたらしいんですが、あまりいい顔をされなかったそうです。。

公園事務所の記事も読ませていただきました。
なかなか難しい問題ですね。

by むく (2017-05-08 15:47)